新規ドキュメント


忘れていく脳のための備忘録
by w_l_s
プロフィールを見る
画像一覧

FizzBuzzに挑戦してみたよ

コードゴルフなんてのがあるんだって。
そのなかに、有名?なFizzBuzz問題があって、懐かしかったからやってみたよ。

読みやすいように、改行とか入っているけど、投稿するときは一行にします。
これで166バイトでした。
処理にまだ工夫できそうな気がするんだけどなー。


#include <stdio.h>
int c;
void main()
{
while(c++^100){
if(c%3==0){
printf("Fizz");
if(c%5==0)
printf("Buzz");
}else if(c%5==0)
printf("Buzz");
else
printf("%d",c);
puts("");
}
}


////////////////////////////////

もっと工夫してみたら143バイトまで減らせたよ。
#include <stdio.h>
int c;
void main()
{
while(c++^100){
if(c%3&&c%5){
printf("%d",c);
}
if(c%3==0){
printf("Fizz");
}
if(c%5==0){
printf("Buzz");
}
puts("");
}
}


////////////////////////////////
さらにもっと減らしてみたよ。136バイトに減量成功だよ。

どんなことをやっているか書いておかないと忘れそうだ。

int main()にすると戻り値を書かないといけないからvoidへ。さらに、main関数には型を書かなくてもエラーにならないので消してみた。警告がうるさい。
if文は、一行の式しかないのであれば{}がいらないから消す。ぶら下がり構文とか言われているみたい。
while文の条件式 c++^100 は、c が100になると、排他的論理和ってやつで0になるよ。ようは同じ数字になったら終了ってこと。
if文の条件式 c%3&&c%5 は、3でも5でも15でも割り切れない場合に真になるよ。
そのときは数字を表示すればいいね。
わざわざ15で割り切れたときのことを考えなくても、3で割り切れたときにFizz,5で割り切れたときにBuzzを画面に出せば、自然と15で割り切れるときにFizzBuzzになってくれる。


#include <stdio.h>
int c;
main()
{
while(c++^100){
if(c%3&&c%5)printf("%d",c);
if(c%3==0)printf("Fizz");
if(c%5==0)printf("Buzz");
puts("");
}
}

[PR]
by w_l_s | 2009-09-17 00:30 | c言語

fgetsでgetsを再現する

gets。
バッファ・オーバーフローが起きるから使うなと言われる。
代わりにfgetsを使えと。
取得するサイズを決められるから、バッファ・オーバーフローが起きにくい。

でも動作がちょっと違う。
改行を含むのがfgets、含まないのがgets。
取得し切れなかった文字列がストリームに残るのがfgets、残らないのがgets。

株式会社きじねこさんのページを見て、簡単に置き換えられるものじゃないことを知った。
改行云々については前に悩まされたことがあったけど、ストリームに残ることについては
気にしたことなかったな。

きじねこさんのページには、getsをfgetsで再現するコードが載っている。
関数にすれば便利かも知れないので、まとめてみることにした。
初心者にはちょうどいい練習になりました。

/**********************************************************************/
/*
_getsヘッダ
*/

#ifndef _GETS
#define _GETS

#include <stdio.h>
#include <string.h>

extern char *_gets(char *s, size_t bytes);

#endif

/*
_getsソースコード
*/

#include "_gets.h"

#define ERROR 1
#define CORRECT 0

static int clear_buffer(void);

// getsをfgetsで再現
char *_gets(char *s, size_t bytes)
{
size_t length = 0;

fgets(s, bytes, stdin);
length = strlen(s);

if(s[length - 1] == '\n') {
s[length - 1] = '\0';
} else {
clear_buffer();
}
return s;
}

// バッファに残った文字列を消す
static int clear_buffer()
{
int letter;
int state = ERROR;

do {
letter = getchar();
if(letter == EOF) {
if(feof(stdin)) {
state = CORRECT;
break;
} else {
/*エラー処理を入れる*/
break;
}
}
} while(letter != '\n');

return state;
}

/**********************************************************************/

clear_buffer()のエラー処理は、単純にエラーコードを返すだけにした。
バッファに入りきらずにストリームに残った入力はすべて捨てている。
feof()なんて使ったことないな…。本によっては、この関数も絶対使うなと書いてあるけど、今回の例ではどうなんだろうか。
[PR]
by w_l_s | 2009-01-12 01:37 | c言語

[作って遊ぼう] エニグマ暗号を作ってみた

2次大戦中にドイツ軍が使ったという、エニグマ暗号と同じ方法で暗号化するものをC言語で書いてみた。エニグマ暗号についてはここが詳しい。
とある演習の課題用に書いてみたけど、お蔵入りしそうなので載せてみる。採用されるとうれしいな。

…こんな課題、出されるほうはたまったもんじゃないと思うけど。

CentOS5.2 + gcc4.3.2でコンパイルの確認はとってますが、コピペ中になにか起きてるかもしれないので、まんまコピペでほかでも動くか心配。

まだまだ不完全な部分もあるけれど、ちゃんと暗号化、復号化を行える。
実行例 --
 暗号化する
./a.out
I am a cat. // 平文(元の文章)入力
22 // 暗号化に使う3つの数字を入力
14
32
I et q pbx. // 暗号化された文

 元の文章に戻す
./a.out
I et q pbx. // 暗号化された文を入力
22 // 同じ順番で、同じ数字を入力
14
32
I am a cat. // 元に戻る
----------

大文字や記号、数字まで対応させれば、人じゃ解読できなくなりそう。

<---------------------------- ここから ---------------------------->

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <string.h>
#include <ctype.h>

#define ALPHABET 26
#define CORRECT 0
#define ERROR 1
#define UNCHECK CORRECT
#define CHECKED ERROR
#define REF_OFF CORRECT
#define REF_ON ERROR

void rand_alphabet(char alphabetTable[ALPHABET], int seed);
void mirror_alphabet(char alphabetTable[ALPHABET],
char mirrorTable[ALPHABET]);

char reflector(char input);
char rotor(char input, int seed, int reflect_flag);

void encryption();
char convert(char input, int Fseed, int Sseed, int Mseed);
void seedcontrol(int *Fseed, int *Mseed, int *Sseed);

int main()
{
encryption();
return 0;
}

// 変換用アルファベット
void rand_alphabet(char alphabetTable[ALPHABET], int seed)
{
int code_num;
int count = 0;
char checkTable[ALPHABET] = "";

srand(seed);

while(count < ALPHABET)
{
code_num = rand() % 123;
if(code_num >= 97 && checkTable[code_num - 97] == UNCHECK)
{
alphabetTable[count] = code_num;
checkTable[code_num - 97] = CHECKED;
count++;
}
}
}

// リフレクタ通過後の変換用アルファベット
void mirror_alphabet(char alphabetTable[ALPHABET],
char mirrorTable[ALPHABET])
{
int idx = 0;

for(idx = 0; idx < ALPHABET; idx++)
{
mirrorTable[alphabetTable[idx] - 97] = 97 + idx;
}
}

// リフレクタ部分
char reflector(char input)
{
char output = ' ';

if(input == 'a'){
output = 'm';
} else if(input == 'b') {
output = 'e';
} else if(input == 'c') {
output = 'j';
} else if(input == 'd') {
output = 'u';
} else if(input == 'e') {
output = 'b';
} else if(input == 'f') {
output = 'z';
} else if(input == 'g') {
output = 'q';
} else if(input == 'h') {
output = 'k';
} else if(input == 'i') {
output = 't';
} else if(input == 'j') {
output = 'c';
} else if(input == 'k') {
output = 'h';
} else if(input == 'l') {
output = 'o';
} else if(input == 'm') {
output = 'a';
} else if(input == 'n') {
output = 'y';
} else if(input == 'o') {
output = 'l';
} else if(input == 'p') {
output = 'w';
} else if(input == 'q') {
output = 'g';
} else if(input == 'r') {
output = 'v';
} else if(input == 's') {
output = 'x';
} else if(input == 't') {
output = 'i';
} else if(input == 'u') {
output = 'd';
} else if(input == 'v') {
output = 'r';
} else if(input == 'w') {
output = 'p';
} else if(input == 'x') {
output = 's';
} else if(input == 'y') {
output = 'n';
} else if(input == 'z') {
output = 'f';
} else {
printf("input %d\n", input);
}

return output;
}

// ロータ
char rotor(char input, int seed, int reflect_flag)
{
char alphabetTable[ALPHABET] = "";
char mirrorTable[ALPHABET] = "";
char output;

rand_alphabet(alphabetTable, seed);
if(reflect_flag)
{
mirror_alphabet(alphabetTable, mirrorTable);
output = mirrorTable[input -97];
} else {
output = alphabetTable[input - 97];
}

return output;
}

// 暗号部
void encryption()
{
char input[100] = "";
char output[100] = "";
char tmp;
int strlength = 0;
int count = 0;
int Fseed, Sseed, Mseed;

Fseed = Sseed = Mseed = 0;
fgets(input, sizeof(input), stdin); // 平文入力
scanf("%d %d %d", &Fseed, &Mseed, &Sseed); // ロータ番号入力
Fseed = Fseed % 26;
Mseed = Mseed % 26 + 26;
Sseed = Sseed % 26 + (26 * 2);
strlength = strlen(input); // 平文の長さを調べる

for(count = 0; count < strlength; count++)
{
tmp = input[count];
if(tmp >= 97 && tmp <= 122) {
tmp = convert(tmp, Fseed, Mseed, Sseed);
seedcontrol(&Fseed, &Mseed, &Sseed);
}
output[count] = tmp;
}

printf("%s\n", output);
}

void seedcontrol(int *Fseed, int *Mseed, int *Sseed)
{
*Fseed += 1;
if(*Fseed > 26)
{
*Fseed = 0;
*Mseed += 1;
}
if(*Mseed > 52)
{
*Mseed = 26;
*Sseed += 1;
}
if(*Sseed > 78)
{
*Fseed = 0;
*Mseed = 26;
*Sseed = 52;
}
}

char convert(char input, int Fseed, int Mseed, int Sseed)
{
int reflect_flag = REF_OFF;
char tmp;
char output;

tmp = rotor(input, Fseed, reflect_flag);
tmp = rotor(tmp, Mseed, reflect_flag);
tmp = rotor(tmp, Sseed, reflect_flag);
tmp = reflector(tmp);
reflect_flag = REF_ON;
tmp = rotor(tmp, Sseed, reflect_flag);
tmp = rotor(tmp, Mseed, reflect_flag);
output = rotor(tmp, Fseed, reflect_flag);

return output;
}

<---------------------------- ここまで ---------------------------->

それににしても長い。
ブログにそのまま貼り付けるのは間違いだったかも。
全体をいくつかの関数の集まりに分割してメモを書いておくことにしよう。

TODO:
コマンドライン引数を使ってみる。
文字列や数字の入力に何も説明がないなんて、無愛想にも程がある。
数字の入力チェックを行う。ここに文字列を入力されると困る。
アルファベットのテーブルなんて持ちたくないなぁ。

######
081105 loter -> rotorに修正 恥ずかしい…
[PR]
by w_l_s | 2008-11-05 00:18 | 作って遊ぼう

カテゴリ

全体
erlang
Python
c言語
作って遊ぼう
シェルスクリプト
OS
javascript
jQuery
反省
vim
未分類

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧